くじけないで、更年期!

はじめまして。当サイト「くじけないで、更年期!」を運営している元看護師のしばたとよこ(しばとよ)と申します。年齢は50代前半で、現在更年期真っただ中の女性です。

「女性には、日常生活もままならない場合があります。」みたいなCMがありますが、私は健康だけが取り柄だったので関係ないと思っていました。

自覚症状もないままに、更年期はやってきます。

老眼を自覚し始めたころ、更年期は始まっています。私の場合、血の巡りが悪かったのか、寒いのが苦手で、夏場のクーラーにはカーディガンを着ていました。

なんか疲れる、なんかしんどい、休みの日には寝てばかりで、外出する気がしない、子供の巣立ち、父の入院、立ち退きによる引っ越しなどで忙しい日々が一段落したころ、ストレスから突発性難聴になり、円形脱毛症までできました。

ストレスのはっきりとした原因はわからず、ただ、忙しかったし、不規則勤務で夜勤も多くあり、とうとう仕事に行けなくなりました。とにかく朝が起きられない、夜勤で何度か遅刻してしまう、休みがちとなっていました。

2~3日休んだら仕事に行けるかと、思っていましたが、全く朝が起きられない、動けない、とにかく眠い状態となり、病院へ行きました。

更年期からくる神経症から軽い鬱状態になっていました。

とりあえず、診断書を書いて頂き、1か月間お休み頂きました。
子育ても終わっていたので、1っか月も休養したら仕事に行けるだろうと思っていました。

ところが一向に、回復の兆しは見られません。慌ててネットで自分の症状を検索したら、半年から1年はかかるようでした。

金銭的には傷病手当が出るので、1年半は生きていけると思いました。走り抜けてきた人生、休憩の時間をいただいたと思ってゆっくり休むことにしました。

1年半が過ぎる頃、元気な時の半分も回復していませんでした。私はゆっくり回復するタイプのようで、気長くいきましょうとのことでした。

私のような病気には、障害年金も出ません。仕事に行ける状態ではないのに、年金はおりないのおかしいと思いませんか?勿論何度も審査請求しましたが、無駄な努力でした。

発病して4年が過ぎました。今は退職して失業保険で生きています。元気な時の半分くらいまで回復してきました。

でも、もうすぐ失業保険も終わります。どうやって食いつないでいこうか必死です。

いつまでも、あると思うな美と健康。

もしあなたが今更年期にさしかかっていて、以前の私と同じように悩んでいるのであれば、もう少し更年期についての理解を深めて一緒に頑張ってみませんか?

 

そもそも更年期とは?について知りたい方はこちら

更年期の症状や対策について知りたい方はこちら

 

更年期にさしかかると、自分が衰えてきたことを実感することが本当に多くなりますし、若い頃には想像できなかったようなことが色々起きて大変ですよね。

でも、そんな更年期も長い人生から見れば、きっと通過点の一つなんです。だから、更年期でいま大変だからといって、決してくじけないで欲しいのです!