更年期障害の症状が出始める年齢は?そもそも更年期っていつからいつまで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

女性にとって、更年期障害は気になるものです。更年期って何かな?更年期障害は何時ごろから出始めるのかな?など考えた事はありませんか?

女性なら、誰もが経験する更年期障害、今回は更年期が出始める時期と更年期の期間について、元看護師で現在更年期真っただ中の私が、解りやすく説明していきたいと思います。

 

女性の一生はエストロゲン(卵胞ホルモン)によって支配されている

生命が誕生して、乳児期・幼児期・学童期と成長していきます。学童期を終える頃にエストロゲンは活動し始めます。

エストロゲンが活動し始めると、個人差はありますが、10歳前後で初潮を迎え、生理が始まります。思春期の始まりです。

思春期の女性(8歳から18歳頃まで)

思春期にも個人差があります。初潮が始まって女性として成熟するまでには、とても大きな身体の変化や心の変化があります。心と体の変化によるストレスが反抗期を生み出します。一般的に父親を遠ざける時期も、思春期にあります。

思春期はエストロゲンが活動し始め、安定するまでの時期といえます。

成熟期(18歳から40代半ば頃まで)

エストロゲンの活動が活発化し、生理も定期的にくるようになり、身体も女性らしく成熟していきます。この時期を成熟期と言います。

成熟期には、妊娠や出産に適しています。身体も好調で、家事や仕事もバリバリできる時期で、人生で最も安定した時期でもあります。

更年期(40代半ばから50半ば頃まで)

エストロゲンの活動が低迷しだす頃、いよいよ更年期の始まりです。エストロゲンの安定した分泌によって安定していた心と体に変化が生じ始めます。生理不順の始まりです。

エストロゲンの減少により、脳がエストロゲンを分泌するように命令を与えます。身体がエストロゲンを分泌するために色々なところから応援にきてくれます。

そのために、眠くなったり、頭痛がしたり、倦怠感などの症状が現れます。ホルモンバランスが崩れ、この時期に現れる様々な症状を更年期障害と呼びます。

また、病気にもなりやすい身体に変化していく時期です。毎年健康診断を勧められるのも、更年期以降は様々な病気が発症しやすいためです。

更年期症状が現れても、最初は無理をしがちになりますが、無理を続けると更年期症状は悪化してしまいます。無理をしないで、疲れたら休むようにしましょう。

更年期障害は、症状が沢山あります。不眠や精神的な不安、頭痛・腹痛・肩こり・自律神経失調症・多感・動悸・息切れなど、ひどい場合は鬱状態になり日常生活もままならなくなります。

エストロゲンが分泌しなくなり、最期の生理から1年過ぎると閉経と定義されています。

更年期障害は閉経を終えてもしばらく続きますが、閉経後数年で安定してきます。

生理が不規則な人や、病気で子宮摘出を行っている人にも更年期はやってきます。身体的判断はしにくいのですが、血液検査のFSHとエストラジオールにて検査出来ますので、気になる方は病院で検査してもらいましょう。

円熟期・老年期(50歳半ばから)

エストロゲンの分泌がされなくなり、閉経後数年たつと、円熟期・老年期の始まりです。

エストロゲンは、骨を健康な状態に維持し、血中の脂質を下げる働きをしています。

高脂血症や悪玉高コレステロールの値が悪化してくるので、更年期頃から健康診断で自分の血液検査の異常値の把握をしておいたほうが良いでしょう。心筋梗塞や脳血管疾患も出やすくなります。

骨粗鬆症になるのも、この時期で、女性に骨粗鬆症が多いのはエストロゲンの分泌がなくなることが原因です。

老年期に急に日常生活を変えるのはなかなか難しいものです。生活習慣病が発生しやすいのも、更年期以降からが多いようです。

更年期を迎える前から、バランスのとれた食生活や適度な運動をしておくことが、いかに大切であったかをこの時期痛感するでしょう。エストロゲンの分泌は、女性の健康を守ってくれている大切なホルモンなのです。

 

更年期を終える時

更年期はエストロゲンの分泌が減り始めて、エストロゲンの分泌がなくなり、閉経後数年は続きます。閉経を挟んで前後10年の事です。個人差はありますが、平均40代半ばから50代半ばの約10年になります。

更年期障害の出ない人もいますが、閉経後は体の変調をきやすい時期であることを知っておきましょう。

更年期障害がひどくなるようであれば、思い切って転職も考えましょう。無理の続く生活であれば、更年期障害は良くなりません。日常生活を見直して、休憩のとれる時間帯をつくりましょう。

更年期が終わると老年期突入です。

人生も100年生きる時代と言われています。更年期は、残りの人生の約半分を、どう生きていくのかを考えるのに、とても適した時期に思えます。

更年期でいただいた休憩を、落ち込むことなく、人生頑張ってきた休憩をいただいていると思って、無理をしないで更年期を乗り越えましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。